一般社団法人宮城県ビルメンテナンス協会

いつも宮城県ビルメンテナンス協会の活動に格別のご理解とご支援を賜り、誠にありがとうございます。
また、この度のコロナウイルス感染症の拡大により影響を受けられた皆様に、心よりお見舞い申し上げます。

 

当協会は、昭和62年2月に社団法人として、そして、平成25年4月1日に一般社団法人として宮城県知事より認可を受け、新しくスタートを致しました。 宮城県内の会員企業は44社、建築物の快適環境、安全及び耐久性等を確保することを目的に、空気や水などの衛生管理業務、清掃管理業務、警備防災業務など公共及び民間施設の維持管理業務を行い、社会基盤と県民生活の安定に貢献しています。

 

ビル管理業は、ますます専門的な技術と知識が求められていきますが、それには優秀な人材の育成、魅力ある職場への転換などを含め、業界全体の再構築が必要となります。 社会奉仕活動なども協会の重要な活動であり、業界発展のため活動を強めると共に、社会的地位向上に努め、伝統の上に新たなる創造を加えて、更なる飛躍を目指してまいります。

 

今後とも、公益社団法人全国ビルメンテナンス協会や関係機関・団体と連携を図りながら、業界の健全な発展に向け、協会会員各社と共に歩んで行く所存であります。
今後もご支援ご協力を賜りますようお願い申し上げます。

 

一般社団法人 宮城県ビルメンテナンス協会

会長  大久保 寿人

 

 

↑ページトップへ