一般社団法人宮城県ビルメンテナンス協会

明けましておめでとうございます。
昨年中は、当協会・政治連盟・協同組合の活動にご協力ご支援を賜り誠にありがとうございます。

 

本年度は、1月に政治連盟の総会において、新しく役員が選任されましたが、当協会の賀詞交歓会は、政治連盟の総会と同時に開催され、政治連盟の会計年度が1月から12月と制定されているため、会計監査、議案書の作成、郵送等などでどうしても 1月末近くになってしまいます。そのような状況ですので、本日ご参会の皆様はいろいろな賀詞交歓会に出席され、様々な年頭のあいさつを聞かれていると存じます。

 

今年の景気の見通し、いのしし年の話、それから4月に平成天皇の退位、そして5月に新天皇の即位、7月には第25回参議院選挙が行われ、さらに宮城県議会及び仙台市議会議員選挙も行われます。10月には消費税増税が導入されます。それらのことに今更触れるつもりはありません。

 

只、二つの事だけ話をさせていただきます。今年は参議院その後、地方議会の選挙の実施において、当協会、政治連盟の支援する先生方の当選がなされますよう心からご祈念申し上げます。

 

それともう一つ「働き方改革」法案が次々に施行されます。我々労働集約型の業界においては、この法案に適切に対応をとらなければなりません。全国協会と緊密に連携をとりながら対応してまいりましょう。協会各社において対応で悩むような問題があれば何なりと当協会にご相談ください。私はこの法案に適切に対応することが業界の地位の向上に必ずつながることだと信じています。協会会員の一層の努力を期待しています。

 

最後に本年も協会会社のご隆盛とご出席の皆様のご健勝を記念して新年のご挨拶とさせていただきます。本年もよろしくお願い申し上げます。

 

(2019年1月29日賀詞交歓会での挨拶より)

 

一般社団法人 宮城県ビルメンテナンス協会

会長 鈴木 良夫

 

 

↑ページトップへ